いろいろ不毛に語るブログ

【仮面ライダーW】 第3話感想

2018/12/18
 

『東映特撮Youtube Official』 にて毎週水曜日更新の『仮面ライダーW』の感想記事です。

仮面ライダーW

第3話 Mに手を出すな/天国への行き方

今回の事件はラジオから始まります。

ラジオ番組『園崎若菜のフィーリングプリンセス』いつも周囲には無関心な様子のフィリップもなぜかこの番組のパーソナリティ・若菜姫には夢中のようです。

ラジオに寄せられた投稿は、一夜で一攫千金の幻のカジノ・ミリオンコロッセオの都市伝説に関するものでした。今回のサブタイトルは「天国への行き方」というものですが、どうやら「天国」とはこのミリオンコロッセオを指しているようです。

興味を持つフィリップに対し、そんな「夢みたいな話あるわけない」と懐疑的な翔太郎ですが、そこへ「ミリオンコロッセオに行き変わってしまった娘を調べてほしい」という依頼が飛び込みます。

老舗饅頭屋さんの看板娘として家族を手伝っていた娘・優子はミリオンコロッセオに関わり始めてから傍若無人な振る舞いをするようになってしまったと言います。

 

さっそくミリオンコロッセオへと向かう優子を尾行する亜樹子と翔太郎ですが、いきなり見失ってしまいます。

今回はこのミリオンコロッセオへの行き方の謎が事件のポイントのようです。

情報屋の手引きで実際にミリオンコロッセオから帰ってきた男・村雨に会うことのできた翔太郎たち。

ところが男はギャンブルに負けて家族に見捨てられたショックからかまともに話ができる状態ではありません。

ここで「家族」という言葉を聞き激しく動揺するフィリップ。フィリップの出生に対する謎が深まる場面です。

いまだにミリオンコロッセオでの夢のような時間を忘れられない村雨の前に、見た目が濃すぎる謎の男が現れてマネードーパントに変身、取り立てと称して意識を奪ってしまいます。

ダブルに変身して追いかける翔太郎。「お前はいったい何者だ?」と問われ、「俺はダブル、街の涙をぬぐう二色のハンカチさ」と臭すぎるセリフを吐きます。普通なら臭すぎて見てられないんですが、ハーフボイルドと揶揄される甘さを持ちながらも必死にハードボイルドであろうとする翔太郎のキャラクターを考えると、こんなセリフも翔太郎の精一杯のキャラづくりの一環なんだなと微笑ましい気持ちになります。

マネードーパントを追い詰めるダブルですが、謎のドーパントの妨害を受け逃がしてしまいます。

このドーパントの正体は、前回園崎家への仲間入りを果たした尻彦さんでした。マネードーパントの手助けをしたのは、高額なガイアメモリを購入した顧客へのアフターサービスとのことです。今後の事件にも介入してくる手強いライバルになりそうです。

一方、優子は更にミリオンコロッセオにはまり込み、ついには家の通帳を強奪してしまいます。

前回の話に引き続き、風都の女性は怖いですね。

ミリオンコロッセオの行き方に秘密があると気づいた翔太郎はラジオで紹介されたミリオンコロッセオに関わる地名を調べ、フィリップの検索によって路線バスに偽装したバスがミリオンコロッセオへと向かう唯一の方法であると気づきます。

カイジのエスポワールみたいなのを想像しましたが、かなり明るい時間からぞろぞろ乗っててなんか遠足感ありますね。みんなはしゃいでるし。

激しいバイクアクションを経てバスに追いついたダブルは追跡を妨害しに来たマネードーパントと戦闘になり、圧倒します。このドーパント、あまり戦闘能力は高くないみたいですね。見た目も弱そうだし。

ですがピンチになったマネードーパントは腹からコインを取り出し、コイン1枚1枚に客たちの生命力がつまっていると言います。つまり人質ですね。ミリオンコロッセオでは、お金の尽きたものは自らの生命を賭けるのがルールのようです。

「彼らは全てを捨てても勝負がしたいのだよ。仕事も、我が家も、家族さえも」という言葉に、再び激しい動揺を見せるフィリップ。

ダブルは行動不能に陥り、倒されてしまいます。

ミリオンコロッセオへの道が断たれたかに見えましたが、バスに忍び込んでいた亜樹子がちゃっかり潜入に成功しており、ここで次回に続きます。

今回のサブタイトルは「Mに手を出すな/天国への行き方」であり、素直に受け取るとMは今回登場した敵の使うガイアメモリ・マネーの頭文字、天国への行き方はミリオンコロッセオへ行く方法、ということになります。でもMに手を出すなの「手を出すな」ってなんのことなんでしょうね。そのまま金に手を出すなってことでしょうか。優子は家族の通帳を強奪しているので、意味は通らなくもないですね。

一方で今回は家族(娘)を心配してきた依頼人夫婦、家族への態度が一変してしまった優子、家族を失ってしまった村雨、「家族」という言葉に異常な反応を示すフィリップ、と「家族」というものがまた一つのテーマになっているように見えます。

依頼はどうなるのか、フィリップの過去の謎は明らかになるのかサブタイトルに隠された意味はあるのか、見てた当時の記憶は全くと言っていいほど残っていません。

ではまた第4話の放送で!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2018 All Rights Reserved.