いろいろ不毛に語るブログ

【デッキ紹介】『インフェルニティ』で8月キング達成!【遊戯王デュエルリンクス】

 

今月は『インフェルニティ』デッキオンリーでキングまで到達することが出来ました!

 

というわけでデッキをご紹介します。

 

いろいろと試行錯誤はしたんですが、最終的にはこんな形に落ち着きました。

これまでもインフェルニティデッキはいくつか紹介してきましたが、

B・F(ビーフォース)はインフェルニティとあわせて満足するしかねえ

瑚之龍追加でインフェルニティ+B・Fデッキが強化!新しい切札はABF

 

メインBOX『インフェルニティ・デストラクション』で『インフェルニティ・デーモン』『インフェルニティガン』という2枚の強力カードが追加されたおかげで様変わりしてしまいました。ありがとうさようならB・F

 

 

 

現状のインフェルニティデッキは、

インフェルニティ・デーモン(4)+インフェルニティ・ネクロマンサー(3)+インフェルニティ・リベンジャー(1)で8シンクロか

 

 

インフェルニティ・デーモン(4)+インフェルニティ・ビートル(2)で6、8シンクロ

 

をするのが主流かと思うんですが、私は後者の方を使ってます。

ネクロマンサー強いんですが、現状のエクストラデッキ枠だとレベルがあわせづらいのとモンスターゾーン3枠におさめるのが難しいので。あくまで個人的な意見ですけど。

でこの場合の基本的な動きが、スキル『インフェルニティ・インフェルノ』でビートルとデーモンを墓地に落とし、『インフェルニティガン』か『インフェルニティ・ミラージュ』で2体を蘇生しデッキから『インフェルニティガン』をサーチし、連続でシンクロ召喚していくって感じです。

 

 

なので他の方のデッキを見ているとデーモンとビートルは1枚ずつの最小限に抑えて、その分ハネクリボーなどの防御札や汎用罠を積んでるデッキが多かったかなと思うんですが私はあえてデーモンを3枚入れています。

理由はおおまかに

・ガンとあわせて引けていればスキルの使える2ターン目を待たずに動ける。

・ハンドレスで素引きしたとき強い

・レッド・リゾネーターとコンボ

って感じですね。

先攻1ターン目で手札がガン、デーモン、何かしらの魔法罠2枚

とかだと、ガンでデーモンを捨てて墓地から特殊召喚して、『インフェルニティ・バリア』か『インフェルニティ・ブレイクを引いてくるか、ビートル引いて通常召喚からシンクロする動きが強力でした。

 

 

先攻でかなり上振れたのがこんな感じ。この時はビートル3枚入れてたけど

 

 

やっぱりデーモン素引きして一発逆転ってのもロマンに溢れてます。『スターダスト・チャージウォリアー』や『瑚之龍』のドローもあるし。

安定はしないですがその分強力で「このドローに全てをかける」って状況で引き当てたときのカタルシスは忘れがたいものです。こんな感じで。

 

ただロマンだけのためにデーモンを3枚入れてるってわけでもなくて、ガンもミラージュも引けてないけどデーモンは引けてるって時に『レッド・リゾネーター』からデーモンを特殊召喚すればガンをサーチしてこれます。

まあこれはあんまり決まらなかったですが。

 

 

決してたまたま運よく3枚手に入っちゃったから意地になって使ってるわけではないです。

 

他の採用カードだと、『DDD 疾風大王エグゼクティブ・アレキサンダー』は1ターン目に壁に置いたデーモンがそのまま場に残ってしまった時に素材にして墓地に送るためと、効果を使って攻撃できなくなったインフェルニティ・デス・ドラゴンを素材に使うために入れてます。

 

ただ、ビートルを1枚にしてからは8シンクロすることがあまりなくなったので、より打点が高く青眼などのメタになる効果の「A・O・Jディサイシブ・アームズ」とかでもよかったかもしれません。

 

レベル10の汎用シンクロって、現状OCGの方でもほとんどないんですよね。だいたい素材に縛りがあって。

神樹の守護獣-牙王くらいでしょうか。

リンクスにはメイン2がないので実装されない可能性が高そうですが。

あとは、ほとんど唯一の防御札として『波紋のバリア-ウェーブ・フォース』を採用しました。

 

攻撃反応罠ということで除去されることも多かったんですが、大量展開されて押し切られると1枚ずつ破壊してたら間に合わないんでまとめて処理できるこれを選びました。まあこの辺はお好みですかね。

カイトロイドが安心感は一番ありますが、リミットの都合で局所的ハリケーンを優先してます。

局所はもちろん相手のバックを剥がす役割なんですが、相手が何も伏せてなかったときは局所と他の魔法罠を伏せて手札0にして展開してから発動して、戻した魔法罠をブリューナク、瑚之龍のコストにするなんてトリッキーな使い方も出来ました。

 

それでぐるぐるシンクロしていって、最終的には

・インフェルニティ・デーモン

・A BF-神立のオニマル

・氷結界の龍 ブリューナク

・インフェルニティ・ブレイクかインフェルニティ・バリア

の盤面で押し切るか、

 

スターダスト・チャージ・ウォリアーと氷結界の龍ブリューナクを並べて

チャージウォリアーの1ドローとデーモンでサーチしたカードで2バウンスしてフィニッシュってパターンが多かったです。

EXデッキ枠がもっとあればさらにいろんな派生が出来るんですけどね。

未採用のカードでも、

・レッド・デーモンズ・ドラゴン

・琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル

・スクラップ・ドラゴン

・B・F-降魔弓のハマ

・ダーク・エンド・ドラゴン

・地底のアラクネー

・B・F-突撃のヴォウジェ

・白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン)

・獣神ヴァルカン

あたりは入ってればよかったのにって場面が何度かありました。

もう一気にエクストラデッキ枠15枚にしてくれないですかね。

最低でもせめて8枚。

 

デッキ紹介としてはこんな感じです。

インフェルニティデッキは無限に可能性があると思ってるので、最適構築でもなんでもないですが参考にしていただければと思います。

 

 

やっぱ上旬でキングになっとくと安心感が違いますね。

今月は残りの期間気ままにいろんなデッキを試せそうです。

まあ先月は気ままにやり過ぎた結果キング逃したんですが。

 

とりあえずウィッチクラフトが早くも規制入るとのことなので、逆に使ってみようかなと思ってます。

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.