いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】瑚之龍追加でインフェルニティ+B・Fデッキが強化!新しい切札はABF【デッキ紹介】

2020/07/19
 

新ミニBOX『クロニクル・オブ・グローリー』、巷では史上最強のBOX笑なんて呼ばれていますが皆さん剥いてますか?

今回は、同BOX収録のURカード・シンクロチューナー『瑚之龍(コーラル・ドラゴン)』の追加で、以前に紹介したインフェルニティ+B・F(ビーフォース)デッキがパワーアップしたのでまたご紹介したいと思います。

 

さっそくデッキ内容がこちら

 

基本的なギミックは以前とほとんど変わっていませんが、

これまでは降魔弓のハマの2回攻撃を通すくらいしかほとんど勝ち筋がありませんでしたが、レベル6シンクロモンスター+『インフェルニティ・ビートル』という盤面からリビング・フォッシルを使うことで『瑚之龍』のシンクロ召喚、さらにシンクロモンスター同士でレベル12『A BF-神立のオニマル』をシンクロ召喚できるようになりました。

 

 

メインデッキの内容もほぼ変わってませんが、2体目のレベル6シンクロにほぼ必須な『リビング・フォッシル』を3枚に増やし、『カイトロイド』『リジェクト・リボーン』といった防御札も加えています。

 

 

 

 

あとは、「決まった!」と思ったときにクリボールやカイトロイド投げられるのがあまりにもストレスフルなので実験的に永続罠カード『メンタルドレイン』を入れています。

 

1枚しか入れていないのでほとんどお守りみたいなもんですが、わりと有効な気はしてます。

「手札のモンスターの効果は発動できない」という効果で、既に発動してしまった効果を止めることはできないので事前に発動しておきましょう。

問題なのは、これ使ってると発動すらできないので、このカードが役に立ったのかそもそも相手の手札にクリボール(他)がなかっただけなのか分かんないってことですね。

『透破抜き』なんかも考えましたが、『局所的ハリケーン』との相性が悪いのでこちらにしました。

動きとしてはこんな感じになります。

 

 

リジェクト・リボーンが上手く決まったのがこんな感じ。

 

 

以前までは降魔弓のハマの2回攻撃を通すしかほとんど勝ち筋がありませんでしたが、『A BF 神立のライキリ』という選択肢が増えたことで安定感がぐっと上がりました。

オニマルは攻撃力6000という圧倒的火力を誇るのでレベル6シンクロで『白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン)』を経由することで、相手の場に攻撃力4000以下の攻撃表示モンスターがいればワンターンキル圏内です。しかも、直接攻撃ではないのでカイトロイドに邪魔される心配もありません。

 

一度手札0(ハンドレス)になってから、『スターダスト・チャージ・ウォリアー』で1ドローし、それをコストの『瑚之龍』の効果で相手のカードを破壊する動きもなかなかスマートで好きですね。

 

ここのレベル6シンクロにブリューナクとか獣神ヴァルカンみたいな選択肢も出来ればさらに強くなる気がするんですが、さすがに枠が足りません。今後のアップデートに期待したいところです。

謎のD・ホイーラー登場イベントも7/21からに決定したので、シンクロチューナー、アクセルシンクロの更なる進化が見られるかもしれませんね。

https://twitter.com/YuGiOh_DL_INFO/status/1283989809262931968

 

以上!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.