いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】B・F(ビーフォース)はインフェルニティとあわせて満足するしかねえ【デッキ紹介】

2020/07/07
 
今回は、新メインBOX『ウィッチズ・ソーサリー』で登場した新テーマ『B・F(ビー・フォース)』を使用したデッキを紹介していきたいと思います!
 
 
B・FはアニメARC-Vシンクロ次元編の登場人物シンジ・ウェーバーの使用した、シンクロ召喚を主戦術とする昆虫族テーマです。BF(ブラックフェザー)とは全くの別物です。
 
 
 
シンジはシンクロ次元の格差社会の中でも下層に位置するサテライトの住民で、クロウと同じく孤児たちの世話をしていましたが、仲間を集めてトップスに対して革命を起こします。
一匹一匹の力は弱くても、集まることで(シンクロ)強力なモンスターになるB・Fはピッタリのテーマですね。
 
 
軸になるモンスターは『B・F-早撃ちのアルバレスト』です。
 
 
レベル3以下の昆虫族モンスターを吊り上げる効果と、破壊されたときにデッキ、墓地から「B・F」モンスターを特殊召喚できる、Rとは思えない超優秀な効果を持っています。
 
モンスター吊り上げて何するかって言うともちろんシンクロ召喚を狙いたいんですが、なんと驚くことに今回B・Fチューナーが実装されていません
 
 
OCGでは、
『B・F-追撃のダート』
 
『B・F-毒針のニードル』
 
という2体のチューナーが存在しています。
ダートはけっこうエグいバーン効果を持っているのでリンクスには一生来れないでしょうが、ニードルは今回来てくれてもよかったんじゃないかと思います。
 
ニードルも召喚・特殊召喚時にデッキから「B・F」モンスターをサーチできるかなり強力な効果を持っていますが、不知火なんかが許されてる現状なら十分許容範囲内だと思うんですよね。
 
とりあえずいないものはいないので、今回使用するチューナーには
『インフェルニティ・ビートル』を選びました。
 
 
 
DS鬼柳のスキル『インフェルニティ・インフェルノ』で簡単に墓地に落とせるのが主な採用理由です。
 
 
で、もうだったらいっそデッキ自体もインフェルニティに寄せようということで
 
 
 
こんな感じになりました。
 
 
 
基本戦術は、
①『インフェルニティ・インフェルノ』で手札枚数を調整しつつ墓地に『インフェルニティ・ビートル』を落とす。
 
②『追撃のアルバレスト』もしくは『インフェルニティ・ビショップ』『インフェルニティ・ミラージュ』『リビング・フォッシル』を絡めて場にレベル4+『インフェルニティ・ビートル』を揃える。
 
 
 
③『インフェルニティ・ビートル』の効果で2体に増やす。
 
④レベル6シンクロ
・『地底のアラクネー』で相手モンスターを吸収
 
・『白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン)』で相手モンスター攻撃力半減
 
・『スターダスト・チャージ・ウォリアー』で1ドロー
 
のいずれかを経由してから更にレベル8シンクロ。
 
⑤『B・F-降魔弓のハマ』の2回攻撃でキル
 
 
 
 
って感じです。
 
 
どうでもいいですけどハマってめっちゃ仮面ライダーカリスに似てますよね。
 
 
けっこう好みのデザインです。
 
 
手札次第で②のところでいろんなパターンを選べるので事故ることはあんまりないですが、最終的にはハマの攻撃を決める以外の勝ち筋がほぼありません
なのでバック除去は多めに積んでいます。
クリボール、カイトロイドされたらもうブロックですね。
 
『リビング・フォッシル』が便利で、これで特殊召喚したモンスターは効果が無効にされてしまうんですが『インフェルニティ・ビートル』のようにリリースして効果を発動する場合は、リリースによって装備が外れた瞬間に「効果は無効にされる」効果がなくなるので、きちんと発動できます。
 
他にも、手札にモンスターがビートルしかいない時なんかはスキルでビショップを落としてリビング・フォッシルで蘇生してビートルは通常召喚してシンクロ召喚に繋げることもできるし、ハマの攻撃だけでは微妙に削り切れないときに追撃に使ったり、2体目の6シンクロをしたりとかなり便利に使えます。
3枚入れてもいいんですが1ターンに1枚しか発動できない制限があるので2枚にしています。
 
他の採用カードはまだ練っている段階ですが、このデッキで一番の即サレ案件がビートルが2枚以上手札に来てしまうことなので、モンスター除去しつつドロー自体を止められる『死者への供物』を入れてます。速攻魔法なので防御札としても使えます。
 
 
デッキ枚数を20に抑えていないのも、ビートル2枚引きたくないからです。増やし過ぎるとアルバレストが引けなくなるので悩みどころですが。
 
 
 
『ADチェンジャー』はモーレフ・カナディア・底なし対策と、相手モンスターが守備表示だとハマでキルとれないので実験的に入れてみてます。
 
 
 
EXデッキについてはさっき出てきた4枚は確定として、レベル6シンクロができるので『氷結界の龍 ブリューナク』を入れたいところですが、基本手札0でコストがないので不採用にしてます。
一応、局所的ハリケーンで手札増やしたりスターダスト・チャージ・ウォリアーで1ドローした後でリビング・フォッシルからシンクロ召喚すれば効果も使えますがかなり状況が限られるのでかわりに『B・F-突撃のヴォウジェ』を入れています。
 
 
対象を取らずに相手モンスターの攻撃力を半減できるので、『月光舞剣虎姫』相手なんかに強いです。攻撃力しか半減できないので守備表示の『召喚獣 コキュートス』や『ウィッチクラフト・マスター ヴェール』なんかは突破できないのが惜しいところですが。
 
 
レベル8シンクロは、3000打点欲しいことがあるので『レッドデーモンズ・ドラゴン』を採用してます。ここもまだ検討の余地が大きいかなと思ってます。
 
意外と単体で4000ライフ削り切れる汎用シンクロモンスターって降魔弓のハマくらいしかいないんですよね。
 
 
 
 

実際の

デュエルがこんな感じです。

対不知火

お相手がアルバレスト、ビショップの効果把握してなかったっぽいのが勝因でした。ちゃんと効果は読みましょう。

 

対ブラマジ

 

結局コズサイあるかどうかみたいなとこはありますね。

 

対月光

数少ないヴォウジェが輝いたシーン。

お相手が虎じゃなくて月光舞猫姫で来てたら負けてたけど、残りライフに後がないとより強力なモンスターに頼りたくなっちゃう心理は分かる気がします。

 

総じて相手のミスに助けられている場面も多いような気もしますが、逆に言えば相手の虚を突きやすいデッキとも言えます。

似たようなデッキばかりで飽き飽きしてた人は是非使ってみてください!

 

以上!

Comment

  1. 匿名 より:

    シンジ好きなんですよね

    • okaz より:

      シンジカッコいいですよね!
      デュエルリンクスにも早くARC-Vワールド来てほしいですね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.