いろいろ不毛に語るブログ

【FGO】イベント『いみじかりしバレンタイン~紫式部と5人のパリピギャル軍団~』五段~六段【感想】

 

今回はFGOのバレンタイン2020イベント『いみじかりしバレンタイン~紫式部と5人のパリピギャル軍団~』四段 あさましきもの、三段 なまめかしきもの、四段 たゆまるるもの、恐ろしきもの の感想を書いていきたいと思います!

前回、アオイ(メイヴ)とオボロ(シバの女王)の2人の管理者を仲間に加えた一行は次の区画へ。

どうやらなぎこちゃんはなかなかのテクニシャンだったようです。

ですが香子(紫式部)は何なら気になることがある様子。

この夢の世界の成り立ちについて、何か思い当たることがありそうです。

そうこうしているうちに、次の区画に到着します。

 

非モテが「カタギじゃない」扱いされる世界観怖すぎる…

男塾かな?

なぎこちゃんはほんともうネタが交通渋滞しているようなキャラですね。

 

3つ目の区画は創作物『英☆雄☆彼氏』の流行により女性たちがリアルの男に見向きもしなくなり、非モテが大量発生したという悪夢のような区画でした。

管理者はユウガオ(刑部姫)です。

FGOでは同人作家といえばこの人、みたいになってますよね。

非モテ警察との戦闘になりますが、流れるようにユウガオの部屋に突入します。

いつもの如く背景すごい気になりますね。

これまであんまりまじまじと確認はしてなかったんですが、だいたい今までの流用なんですかね。

取り合えず気になったのが、右側に見える5体並んだフィギュア。

右からタマモキャット、玉藻、清姫、で一番左は牛若丸だと思うんですが右から4番目誰ですかね。

みんな和鯖ですがFGOの登場した残った女性和鯖と言えば、

沖田さん、式、酒呑童子、頼光、茨木童子、武蔵、茶々、鈴鹿、ノッブ、巴御前、千代女、段蔵、北斎、紅閻魔、紫式部、景虎、ってとこでしょうか。

書き出してみるとけっこういますね。でもそれっぽいのはいないような…

髪色はピンクっぽくてワンピースみたいな格好に見えますが…

もし分かる人いたら是非コメントで教えてください!

ユウガオの目的は、この世界の仕組みとか関係なく、リア充を滅ぼしたいというひどいものだったと発覚。

なし崩し的に戦闘に

確率無敵とかいうこざかしいギミックを持っていましたが、カレスコの暴力で一掃してやりました。

ひげくろがいい感じにまとめてくれました。

そしてこれも恒例のごとく、なぎこのコミュ力アゲアゲなトークで仲間に引き入れていきます。

そして続けて話は六段、4つ目の区画へ。

ユウガオが加入しましたが、香子はまだ何やら考え込んでいる様子。

なかなか年季の入っていそうな非モテ爺の登場からスタートします。

ここでは非モテ男たちは、ジェントルキラーと呼ばれる管理者によって、三等市民へ降格されるよりさらに恐ろしい仕打ちを受けるそうです。

ここの管理者、ジェントルキラーの正体はムラサキ(アビゲイル)でした。

ここでは非モテたちは『成人男性再教育センター』へ連れて行かれるとのこと。

めちゃめちゃガチ感が漂ってる施設名ですね。

彼女がいない男性は異能紳士(メタ・ジェントル)扱いとのこと。

なんかメタ・ジェントルってちょっとだけかっこよくないすか?

今度から「君彼女いんの?」って聞かれたら「自分、メタ・ジェントルなんで」って言うことにします(言わない)

 

さらに、ムラサキをみて興奮したひげくろは非モテ警察に事案認定されジェントル滅殺ビームを食らってしまいます。

こんな横暴は許せないとひげくろは奮起、戦闘に入ります。

まるで主人公のようですね。

なんかデバフみたいのはかけられましたが、特に苦戦するようなギミックはなし。

無事ムラサキを倒し、いつものごとく仲間に加えます。

ここで紫式部は何かを確信した様子で、七段へ続きます。

紫式部が気づいたことについてですが、

ここまで登場した管理者

・アオイ

・オボロ

・ユウガオ

・ムラサキ

という名前の共通点。

たぶん『源氏物語』の登場人物ですね。

最初のひげくろがピンと来なかったんで分かりませんでしたが、葵ノ上とか夕顔ノ君とかって名前に聞き覚えがあります。朧なんとかってのもたぶんいたと思います。

ムラサキという名前に関しては紫ノ上と若紫と、2人いたと思います。どちらも物語的には超重要人物です。

高校生の時『あさきゆめみし』読んだんでね。

となると、紫式部の著作が悪意のある形で再現されているのは何故、誰によってなのかってことになりますが、そこはやはり清少納言が鍵を握っていそうですね。

ここまでサクサク進んできていて5人の管理者も残すところあと1人ですが、今のところ誰もパリピ感ないのでこのまま簡単には終わらなさそうです。

たぶん5人の管理者を全て倒した後に、清少納言を筆頭に真の敵パリピギャル軍団が現れるんじゃないかと予想します。

次の話、七段の配信は2/17 18:00から開放されます。

紫の上は、源氏物語の中ではボス級の人物だったはずなので、最後の管理者の名前はちょっと予想が難しいですが、おそらく源氏物語の相乗人物からもじってくるでしょう。

メインシナリオだけじゃなくて、周回もしてしっかりチョコを集めなきゃですね。

デュエルリンクスはKCカップ中だし、私生活も忙しいしでほんとに時間が足りない…(泣き言)

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.