いろいろ不毛に語るブログ

【FGO】イベント『いみじかりしバレンタイン~紫式部と5人のパリピギャル軍団~』二段~四段【感想】

 

今回はFGOのバレンタイン2020イベント『いみじかりしバレンタイン~紫式部と5人のパリピギャル軍団~』二段 あさましきもの、三段 なまめかしきもの、四段 ありがたきもの、の感想を書いていきたいと思います!

前回、突如現れたパリピギャルなぎこちゃんにボコボコにされた黒ひげでしたが、なんやかんやでこの世界を案内してくれることになりました。

紫式部はなぎこちゃんに正体を隠したいみたいです。

読書好きな女子大生…アリだな!

黒ひげはこの世界では『髭黒』と名乗っています。

名前がさかさになっているのは何か意味あるんでしょうか。

ひげくろからこの世界の住人がおかれている状況が説明されます。

 

この世界のバレンタインは想像以上に過酷なものだったようです。

そしてやって来た非モテ警察を撃退し、これからひげくろに協力することになります。

いつものごとく何者かが聖杯を使って悪さをしているってことですね。

ここでなぎこちゃんが何やら思いつきます。

たしかにチョコをもらえない男がいなくなれば解決はしそうですが…

急に当たりが強くなる女子大生香子さんかわいい

そんなところに都合よくチョコレートゴーレムなる伝説のエネミーが登場。

しかも魔性特攻持ちの香子さんへのあからさまな接待ぶり

チョコレートゴーレムを撃退し、大量のチョコをゲットできたので、街の非モテ男たちに配りに行きます。

チョコを配るということで、特殊なシステムも登場。

マナプリはいくらあっても足りないので嬉しいおまけですね!

そこにこのエリアの管理者アオイことメイヴが登場

メイヴのイベント搭乗率ってなかなか高いですよね。

強権的な女性キャラクターといったらまずこの人、って感じ

そして戦闘後、なんやかんやありアオイちゃんも仲間になりました。

さらに続いて隣のエリアへ。

紫式部がサーヴァントたちのこの世界での名前について、何か気になっているようです。

古文とか日本史に詳しい人はここで何かピンと来たりするんでしょうか。

ちなみに私はちんぷんかんぷんです。

次のエリアでは、シバの女王(オボロ)が非モテ男に高額でチョコを売りつけるあくどい商売をしていました。

問答無用でブッ倒します

ここでもなぎこちゃんの勧誘がさく裂

やはりパリピだけあってコミュ力半端ないっすね。

ここで四段まで終了になります。

5つの区画に分かれてそれぞれに管理者がいるってのは、イベント副題の5人のパリピギャル軍団ってのに対応してるんですかね。にしてはアオイもオボロもそんなにパリピ感はなかったような気がするのでまだ何かあるのかもしれません。

黒幕についてですが、これまでのパターンから言って清少納言だろうなって気がします。

記憶喪失って時点で怪しすぎるし、今回紫式部が名前について不審がっていたことから、清少納言が書いた話が聖杯の力で現実になった的な感じと予想。

清少納言の著作は自身の体験をもとにした随筆なので、『ひげくろ』も『アオイ』も紫式部が生前聞いたことのある名前だったとか。

では次は五段からになります!

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.