いろいろ不毛に語るブログ

【電光超人グリッドマン】 第1話感想

2018/12/18
 

はじめまして!

初投稿です。よろしくお願いします。

早速ですが、今期話題のテレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』みなさんご存知ですか?

TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」公式サイト

かわいくて面白い個性的なキャラクターたち、熱い戦闘シーン、メカの合体、謎の多いストーリー等、人気出ないわけないアニメです。まだ5話までしか放送されていないので、これから先の展開も非常に楽しみです!

ところでこのアニメ、実は原作があります。

それが1993年から94年にかけて放送された特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』です!

このブログではあえて放送中のアニメ版ではなくこの、過去の特撮版の感想を書いていきたいと思います!

もしかしたらアニメ版のストーリーの謎を解き明かすヒントなんかも見つかるかもしれませんね!

第1話 新世紀ヒーロー誕生! 結晶怪獣ギラルス

まずOPの主題歌『夢のヒーロー』

時代を感じさせる名前連呼の歌詞、たまんないですね!

物語の主人公はグリッドマンと合体して怪獣と戦う中学生の直人。そして友達の一平、ゆかです。

アニメ版では裕太、内海、六花の3人が近い存在ですね。

この3人組が手作りパソコン・ジャンクを完成させるところから物語は始まります。

ジャンクの画面には謎の人型が。

一平「電光超人グリッドマン!ジャンクを守り、コンピューター世界に正義を貫くヒーローなんだ!」

グリッドマンは一平が作った存在なんでしょうか?

学校では新たな登場人物、武史が登場します。

彼がなかなかにやべぇキャラクターで、アニメ版ではアカネが近い存在かと思います。

ゆかに手紙を渡そうとして、結局もたもたしてて渡すことできなかった武史は手紙を握りつぶすほど激怒。

でも朝遅刻ギリギリで駆け込んできたゆかに手紙渡すって、タイミング悪すぎないですかね。

武史は帰宅後パソコンをつけると『怪物ギラルスの拷問屋敷』とかいう怪しさしかないソフトを起動します。まさか子供向け番組の第一話で『拷問』なんていう言葉を耳にするとは思いもよりませんでした。

どうやら武史は自身で作ったAI ギラルスにゆかのことを話しているようです。ギラルスの助言でゆかは悪い女で何か拷問を加える必要があるという結論に至り、ゆかの実家である病院にハッキングをしかけます。ほんとにぶっ飛んだやつですね。

ハッキングの影響でゆかの病院は停電に。病院では直人の弟・大地が盲腸の手術中で大ピンチです。

そして、武史がさらなる攻撃をしかけようすると突如空から電撃が走り、電線を伝って武史に直撃します。パソコン画面に魔王カーンデジファーと名乗る謎の人物が現れます。

アニメ版のアレクシスのような存在でしょうか。武史のことを気に入った!と言うとギラルスに命を与えてコンピューター世界内を大暴れさせます。

その影響で病院内は停電どころか謎のビームがビュンビュンしたりハサミやらなんやらが飛び交うカオスな状況に陥ります。

どうやったらコンピューターの異常でそんな状況になるのかは分かりませんが、この原因はなんらかのコンピューターウイルスだと推測した3人はジャンクからゆかのコンピューターを解析、怪獣ギラルスを見つけ出します。ワクチンを送り込んで撃退を試みますが、全く歯が立ちません。

するとまた空から電撃が走り、電線を伝ってジャンクの画面から直人へ直撃します。ジャンクの画面には『ハイパーエージェント グリッドマン』と名乗る人物が現れ、協力を求めてきます。コンピューター世界に逃げ込んだカーンデジファーを追ってきたそうです。

最初の方で一平が作っていた(?)グリッドマンとはまた別物なのでしょうか。「説明は後だ!」というお約束なセリフとともに直人へ自身との合体を促します。大地を助けるためなら!とそれに応じた直人は手首に装着されたアクセプターを起動!コンピューター世界に入り込みグリッドマンと合体します。

ギラルスとの戦いに臨むグリッドマンですが、サイズが全く足りていません。

ピンチのグリッドマンのために、グリッドマンを大きくするプログラムを打ち込むゆか。

ウルトラマンでもおなじみのぐんぐんカットで巨大化するグリッドマン。さすが円谷プロ

しかし巨大化には消費するエネルギーも多くかかってしまうようで、ジャンクにも凄まじい負荷がかかります。

グリッドマンのパワーとエネルギーはジャンクと連動しており、戦闘が長引けばグリッドマンが消滅してしまう。

大ピンチに思われたその瞬間、必殺技のグリッドビームが炸裂!見事ギラルスを撃破

破壊されたコンピューター世界も修復していきます。

そんなこんなで大地の手術も再開、一見落着かに見えましたが、直人の現実世界への帰還と同時にジャンクが爆発!

どうなる?というところで「電光超人グリッドマンと魔王カーンデジファーとの戦いは始まったばかりだ。これは、明日君たちのまわりで起きるかもしれない事件の始まりなのだ」というナレーションとともにEDへと移ります。

まだ1話ですが、やはりアニメ版の主要なキャラクターたちは原作になぞらえて設定されているようです。1人がグリッドマンと合体して戦って、友達2人がサポートするのもそうですし、アカネが些細なことで苛立って怪獣を暴れさせるように、武史もしょうもないことでハッキングしてましたね。ただ、アカネは明確に殺意を持っていましたが、武史の方はそこまでではなく困らせてやろうくらいの感じに見えました。高校生と中学生という違いもありますね。

あと違いといえば、アニメ版では現実世界に怪獣が出てきて街を襲い、直接的な被害を出していましたが特撮版はコンピューター世界で暴れて、現実世界への影響もあくまでコンピューターの異常によるものということになっていましたね。この違いももしかしたらアニメ版の今後の展開を占う重要な要素かもしれません。

2話以降も楽しみです!

 

この『電光超人グリッドマン』ですが、現在(2018/11/08)

・ひかりTV

・dTVチャンネル

・hulu

・amazonビデオ

・バンダイチャンネル

・Rakuten TV

・ビデオマーケット

にて視聴できます。

グリッドマン見たことないよって方はぜひ一度見てみてください!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2018 All Rights Reserved.