いろいろ不毛に語るブログ

夏イベント『サーヴァント・サマーキャンプ~カルデア・スリラーナイト~』途中経過感想【FGO】

 

Fate/Grand Order で今年も夏(水着)イベント『サーヴァント・サマーキャンプ~カルデア・スリラーナイト~』が開催中です。

毎年恒例の、最後にマシュが「先輩」と呼びかけるTVCMが今年は虞美人先輩の「後輩」に変わってたり例年とはまた一味違った雰囲気ですね。

 

パイセンもメインクエスト二部三章だと、クリプターの一員だけあってかなりシリアス寄りなキャラでしたがいくつかのイベントを経てすっかりギャグ堕ちしてしまいました。

今回イベント報酬として配布されるのも、[ランサー]虞美人です。

 

ローライズってレベルじゃないですね。すごく後ろから見てみたいです。

ストーリーではすっかりぐだを認めているアツい言葉も聞かせてくれます。

 

 

 

そしてついに、待望のマシュの新水着も登場しました。

 

 

いいですね!(直球)

 

 

前は皆に選んでもらったけど、今度は自分で選んだってのがエモいですね。

ぐだと一緒に4年過ごした結果、少し大胆になったようです。

 

イベントの導入は、日本のどこかの山中に発生した特異点を解消しに行くといういつもの感じですが、項羽様の演算でもかなりの困難な戦いになるとされていて、攻略には虞美人の存在が鍵になるようです。

 

戦略的にもってのは自爆のことですかね。

 

 

話は『サーヴァント・サマーキャンプ~カルデア・スリラーナイト~』の名の通り、昼は楽しくキャンプをしながら探索、夜はホラー的な展開で敵の攻撃を受けながらも謎を解いていくという感じで進んでいきます。

敵はホラーのお約束に則って攻めてきて、それを紫式部らが解説してあえてメタ的にお約束を破ることで突破していくという感じでなかなか面白いですね。

 

 

 

ストーリーは日を追うごとに解放されていく方式で、謎解き的な要素や伏線が散らされています。

 

夏で開放的になったのか登場キャラクターたちも普段のイメージとはまた違った一面を見せてくれます。。

 

エミヤはもう完全に普通のいいお兄ちゃんになっちゃってますね。

HF3章の公開にあわせて千子村正(衛宮士郎)が実装されるんじゃないかなとか思ってたんですが、エミヤが士郎化するのは予想外でした。

 

 

シグルドはメインストーリー二章だとスルトが混ざってたり、イベントでもガッツリ出てくることは少なくてイマイチどんなキャラなのか掴めてませんでしたがめっちゃ面白いキャラでしたね。

夏霊衣だとテニプリかなんかに出てきそうなイケメンさですが、ちょいちょい天然だったりブリュンヒルデとの夫婦漫才でガッツ芸を披露したりなかなか多才なキャラでした。

ガチャ第二弾で奇跡的に石余ったら狙いにいきたいと思います。

 

水着紫式部の見た目はわりとストライクです。再臨でどう変わってくのかも楽しみですね。

 

蘭陵王とパイセンは、士郎とセイバー、ぐだとマシュみたいなマスターとサーヴァントという互いに無二の関係だったはずなのに項羽様のインパクトが強いせいで忘れられかけてた気がするので、2人が絡んでるのはなんか嬉しいですね。

 

 

そして水着巴御前はなんかもう全部好きですね。ガチャ来たら狙いに行きたいと思ってます。

 

メインキャラ以外でも、珍しくファントムが味方側で活躍してるのも地味に注目ポイントだったりします。

 

 

 

他にもたくさんのキャラクターが登場するので、なかなか大変ではありますがサブストーリーもしっかり回収していきたいところですね。

 

本筋のストーリーは流し見してるとわけわかんなくなっちゃいますが、一行は皆一緒に行動しているように見えて実は

・エミヤ

・イリヤ

・紫式部

・蘭陵王

・虞美人

・殺生院リリィ

・ぐだ

のチームと、

・シグルド

・ブリュンヒルデ

・巴御前

・マシュ

・虞美人

・殺生院リリィ

・偽ぐだ(性別逆)

の2チームに分かれていて、同じ場所に見せかけた別の場所で行動していました。

正直、最初は全然気づきませんでしたね。

「あれ?今戦闘後のリザルトぐだ子になってなかった?」とか「なんで同じコテージにいんのに通信で話してんだろ」とか、なんとなく流してましたが普通に重要な伏線でした。

リリィのみ2カ所を行き来でき、ぐだはシグルド側が正体不明の偽物で現在マシュを拉致して失踪中、虞美人はなぜかどちらも本物で2人いるという状況です。

2人いるってこと自体はサーヴァントってものの性質上そこまで変なことではありませんが、たぶん今回は虞美人が鍵と言われていることもあってそういう事とは別問題で重要な鍵になってくるのかなと思います。この特異点の成り立ち自体が虞美人に関係してるって可能性もありますね。パイセンだったらここの研究にも実は関わってたけど忘れてました、ってことも普通にありそう。

 

ホラーの演出もけっこう凝ってるんですが、音声ありきの物もあるのでプレイするときは音を出しておくことをお勧めします。

 

現状2つのチームが合流し、ラスボスのような雰囲気を醸し出していたアビゲイルとキアラが仲間になったので次の話からはいよいよ黒幕の正体に迫っていくのかなと思います。

 

 

でもこの2人を越えるラスボス感の持ち主ってなるとちょっと思いつきませんね。

この特異点が2000年前だかから魔術、呪術、科学とあらゆる技術を駆使して不老不死の研究が行われていた日本の山中であり、陰陽の印もちょいちょい出てきたりということで、メインクエストでも因縁のあるリンボ(蘆屋道満)が黒幕なんじゃないかなって思ったんですが黒幕は女性っぽいんですよね。

 

 

 

しかも今回のイベント参加条件は初期の初期である特異点Fクリアなので、ネタバレ的な意味でリンボが関わってくることはないのかな、という気もします。

去年の夏イべを考えると黒幕はキアラの別側面とかってこともあるかもしれません。

水着キアラは再臨ではリリィにならないので、黒幕がキアラとは別に現界したリリィで、クリア後霊衣として実装って可能性もあります。というかそれだと嬉しい。

あと、上にも書いたようにパイセンが忘れちゃってるだけで実は深く関わってたってこともあり得ます。

 

まだストーリー全体からすると中盤くらいだと思うので、これから急展開で全くの新キャラが出てくる可能性も十分あります。

これまでの水着イベントで完全新規のキャラクターが出てきたことはなかったと思いますが、だからと言って今年もないとは限りません。

謎のヒロインXとかのユニヴァース関連もまだ出てきてないですしね。正直本筋には絡んできてほしくないですけど。

 

 

 

あと気になるところで言えば、項羽がダ・ヴィンチに依頼した内容と

 

 

 

 

始皇帝の代理が誰なのか

 

 

ってのがまだ謎ですね。てかダ・ヴィンチちゃん項羽クンって呼んでるのなんか面白い。

蘭陵王は項羽に手紙を託されてきたって言ってたので今回は始皇帝とは無関係ですよね。私が見逃したわけじゃないですよね?(自信ない)

 

そしてガチャですが、最近めちゃくちゃツキが来ていて、まず5周年福袋では2枚抜きキメてしまいました。

 

 

狙ってたのは武蔵だったんですがキアラ、メルトが宝具レベル2になったのはかなり嬉しいですね。どっちも宝具レベル1でもよく使っていたので。

術ギルはこれで宝具5になりました。宝具強化も来たばっかりでナイスタイミングです。

 

そして話題のアルトリア・キャスターですが

 

石150個でゲットできました。

 

 

 

 

だいたい配布でもらった分くらいで出たのでかなりラッキーでした。

ぶっ壊れと言われてるくらい強力なサーヴァントですが卵も秘石もQPも全然足りなくてなかなか育成進まないです。

一気に20億QPくらい配ってくれないですかね。それでもすぐなくなりそうだけど。

 

そして今回の水着ガチャですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石120個でキアラを引けました。キャストリアといい、むちゃくちゃ運いいですよね!(自慢)

日頃の行いが良いからでしょうか。引けない人は徳を積みましょう。

 

 

イベントの周回では、まだ全然スキルマできていないものの早速キャストリアが大活躍してます。

 

 

何気に宝具レベル3のスペース・イシュタルを持ってたんですが相性抜群です。

これは特攻礼装込みの火力ですが、今後出てくるフリークエストはだいたいこのメンバーでいけそうです。

 

 

とりあえず現状こんな感じですね。

マシュが攫われたまま帰ってきてませんが、今後どんな話になっていくのか楽しみです!

 

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.