いろいろ不毛に語るブログ

夏イベント『サーヴァント・サマーキャンプ~カルデア・スリラーナイト~』ストーリー終了後感想【FGO】

 

FGO2020年夏イベント『サーヴァント・サマーキャンプ~カルデア・スリラーナイト~』のメインのストーリーをクリアしました!

無事ランサーパイセンも正式加入です。

 

ここには載せませんが最終再臨絵もだいぶえちえちでいい感じでした。

 

イベントの黒幕ももちろん明らかになりました。

とういか、前の感想書いた時点までのストーリーでもアビゲイル黒幕と会話してるシーンあったので、シルエットや話し方から既存キャラではなさそうってことはハッキリ分かりましたね。寝ぼけてたんですかね私。

あの時点で黒幕が具体的に誰なのかまでは私には分かりませんでしたが、

「不老不死の研究」や「蓬莱」などのワード、年代などから推測できていた人もいるようです。

 

その正体は、始皇帝の命で不老不死を探求したという「徐福」でした。

 

 

生前の徐福が行っていた不老不死の研究が現代(昭和)まで引き継がれていたのがこの山での研究だったわけですが、その真の目的は「不老不死」そのものではなく「不老不死を殺すこと」でした。

 

 

その不老不死というのは、もちろんぐっ様こと虞美人のことです。

 

 

 

 

クリア後に見られるファイルで明らかになりますが、徐福はだいぶぐっ様ガチ勢かつけっこういい人でした。

 

 

 

不老不死の研究というくらいなので、さぞかし非人道的なエグい研究をしているのかと思えば、実際は人形を使った実験で人間は一人も犠牲にはしていなかったとのこと。

しかし、まさかの人形が「憎悪」を持ってしまい大変なことになったと。

 

 

そして、徐福がサーヴァントとして現界したとき研究は打ち切られていたが、徐福自身が再開させてこの事態に至ったようです。

 

 

とりあえずで殺されてしまっていたキアラさん。今回のイベントでは珍しく憐れなムーブしてますね。まあこの後に蜃を吸収してパワーアップしちゃうんですけど。

 

 

 

 

 

 

不老不死であることに苦しんでいる虞美人を殺して救ってあげたい一方で、もしそれが失敗するなら今の虞美人が前向きに生きてるってことだからそれはそれでOKってことですかね。まさにこんな感じか。

 

知ったばかりのマシュのことを気遣っていたり根はすごいいい子なんだなってキャラですが、ボスとして対峙した際は安定の巨大ゴーストでした。

 

 

まあこれは仕方ないね。水着PUの後に徐福のガチャ来てもぶっちゃけ反応に困るしね。

一応これで今回の特異点は解消し、一行もカルデアに帰還しましたがまだこの徐福すらも利用していた真の黒幕が残っていました。

 

 

 

 

 

しかし目的は達せず。

ほんと今回のキアラさんは散々ですね。

キアラとアンデルセン、そして「人魚姫」という物語の関係はキアラが登場したPSPのゲーム『Fate/EXTRA CCC』で知ることができます。

序盤から主人公をサポートしてくれてたキャラが途中退場したと思ったら実は…ってのは今気づいたけど言峰綺礼にも似たとこありますね。序盤から「絶対こいつ何かあるだろ」って臭わせてることも含めて。本性とのギャップ的にはキアラの方が圧倒的に隠すの上手でしたけど。

 

27日からまた新しいクエストが解放されますが、どんな話になるんですかね。

この人魚姫2に怒り狂ったキアラがひと暴れして、その後リリィの霊衣開放とかだったら個人的に嬉しいんですけどね。というかみんな嬉しいよね。

 

あと、シナリオでまだ気になるところは前も書いた始皇帝のことですね。

過去のイベントの水着キャラ(霊衣含む)以外の特攻キャラはみんなカルデア帰還後のエピローグに登場してましたが、始皇帝のみ登場していません。

これだけでもまだ何かあるのは確定と言っていいんじゃないでしょうか。

 

 

イベント序盤に同行したいけど事情があってできないみたいなこと言ってましたが、その理由も明らかになってません。

 

特異点の原因になった徐福が、自分にゆかりのある人物だったのが関係してるんでしょうがそれだけなら寧ろいた方が早く解決できたはずなので理由にはなりません。

項羽が来なかったのは、徐福のぐっ様ガチ勢っぷりを見るとなんとなく理解できますが。

 

始皇帝の代わりというのも結局誰のことだったのか分かってないですよね。

 

あと項羽がダ・ヴィンチちゃんに用意させたものも何だったのか分かってません。

 

27日の追加ストーリーで明らかになるんですかね。もう帰って来ちゃってるけど。もし、とっくに出てきてて私が見落としてるだけだったらほんとごめん

 

 

そして水着ガチャPU第二弾です。

 

水着アビゲイルは巷では史上最弱の星5サーヴァントなんて言われてたりもするようですが、私は基本的にFGOのガチャは性能ではなく、好きかそうでないかで引くか決めるべきだと思ってます。

(スカサハ・スカディ、アルトリア・キャスターのようないるいないでゲームそのものが変わってしまうようなサーヴァントは例外として)

そして、今年の水着キャラで最もぐっと来たのが紫式部巴御前の2人なのでもちろん引きに行きました!

 

 

とりあえず77連分の石をフル投入した結果が…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか紫式部[ライダー](しかも2枚)はゲットできました。

 

最近だいぶガチャ運が上振れてたので調子乗ってましたが、本来はこんなもんですよね。でも片方が巴だったら大勝利って言えたのになぁ…

無駄に地方礼装のガチャ引いたりロリンチの宝具レベル上げ狙いにいって石消費しちゃったのが悔やまれます。

未消化だった強化クエストをいくつかクリアして泣きの11連に挑みましたが結果はお察し

 

 

まだフリクエとか幕間で残ってるのを全部クリアしてけばたぶんもう33連分くらいは捻出できると思うんですが、それだけの時間と根気があるかは微妙です。

 

期間内で行けるようだったら行きたいと思います!(行けないやつ)

課金は今回はなしかな…

 

 

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.