【ネタバレあり感想】映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel]第三章 spring song』初日に観てきた

Fate

8/15(土)から満を持して上映開始された劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]第三章 spring song』さっそく観てきました!

コロナの影響がなければ春には公開されていたはずなので本当に待ちに待ちました。

感想書いていきたいんですが、ネタバレ含むのでご注意ください。

 

 

 

 

 

とりあえず結論から最初に言いたいことを言うと、

・めちゃくちゃ良かった(語彙力)

・ゲームやってない人はやって

って2点ですね。

 

良かったって言うのは、戦闘の作画とかは言うまでもなく最高なんですが重点を置くシーンの取捨選択が個人的にばっちりだったんですよね。

私は原作ゲームを既にプレイしていてどんな話になるかは知っていたので楽しみにしていたシーンってのもあったんですが、それがしっかりと力を入れて描かれていました。

具体例を挙げるなら

・士郎の左腕解放からのバーサーカー撃破

・言峰のイリヤお姫様抱っこからの真アサシン戦

・ライダー(&士郎)対セイバーオルタ

・凛の宝石剣無双

・ラストの士郎対言峰

あたりですね。絞ったつもりでもけっこう数ありますが、これが2時間という尺の中でしっかり描かれてたのは本当に震えましたね。

「ついてこれるか?」のとこは原作でもめちゃくちゃ興奮するシーンですが、全く原作に負けてない演出でした。BGMの「EMIYA」のアレンジもかっこよかったです。

 

バーサーカーとの決着シーンは原作知らずに初見だと「士郎強すぎだろw」ってなると思うんですが本当はアレ、一瞬のタイミングの差で反撃されて負けていたはずがイリヤが出てきたことでバーサーカーが動きを止めたからギリギリで止めをさせたってシーンなんですよね。

そういう部分でいちいち説明しないで絵だけで見せるってやり方が本当に上手だったと思います。

Heaven’s Feelはめちゃくちゃ長いお話なので、尺の都合もあってかかなりあっさりだったなってシーンは他にもあって、例えば士郎がセイバーオルタにアゾット剣で止めを刺すシーン。

ほとんど躊躇せずに刺してましたがゲームだとめちゃくちゃ躊躇ってます。士郎がというよりプレイヤーがですが。

と言うのも、ゲームではあの場面で

「セイバーにとどめを刺すか刺さないか」って選択肢が出るんですよね。

ここまで来てそんなこと聞くか?って思いません?

でもやっぱりFateルート、UBWルートでもずっと一緒に戦ってきたので簡単に止めを刺すなんてできないんですよね。しかも最後の最後に意識が朦朧としたセイバーが昔の声で「シロウ…」と呟いてくるんですよ。無理じゃないすかこんなん。

それで止めを刺さない方を選ぶと、セイバーは即回復して士郎は殺されて凛は桜から触手攻めを受けバッドエンドになります。「なんでここでCGないんだよ!」てのは当時のプレイヤー全員が思ったことでしょう。

Heaven’s Feelルートでは桜だけの正義の味方になるって決めたんだからセイバーに浮気してちゃだめってことなんですよね。

そういう意味でもセイバーへの止めをあっさり済ませるのは大正解なんです。

ただやっぱりこういう部分の葛藤もあってこそのFateだと思うので、ゲームやってない人にはやってほしいんですよね。

今はスマホでもプレイできるので、まだやってない人は是非プレイしてください。

Fate/stay night[Realta Nua]

 

ゲームだけの要素はまだまだたくさんあって、例えば最後の大空洞での戦いではライダーと共闘しましたがゲームだとライダーの好感度が低かったり選択肢を間違えるとついて来てくれません。

そうなると士郎が一人でセイバーオルタと戦うことになります。

まあぶっちゃけバッドルートなんですが、士郎がアーチャーの腕を使って全力で戦うシーンってここくらいしかないのでめちゃくちゃ熱いんですよね。バーサーカー戦は一瞬だったし。バッドエンドの一つとは思えないような大人気エピソードでもあります。

何の根拠もないただの願望なんですが、この通称『スパークスライナーハイ』はBD特典とかで映像化してくれたりしないかな~と期待してたりします。

 

逆に映画ならではだなって思った部分もいくつかあって、例えばライダーが士郎に

桜は自分と似ている、桜を怪物にはしたくなかった

と吐露するシーン。

これ、たぶん狙ったわけではないと思うんですけどちょっと前までFGOバビロニアのアニメでアナ(メドゥーサ)とゴルゴーンの関係をやっていたのでかなりしっくりきました。ライダーはこの2人の中間みたいな存在ですからね。

 

 

あとこれは完全に憶測なんですが、言峰の奥さんの話がしっかりめに語られていたり、子どもがいることに触れられたのは『Fate/hollow ataraxia』のアニメ化フラグなんじゃないかと思ってたりします。

 

 

他にはやっぱりイリヤがかわいかったですね。

桜ルートなのにイリヤがヒロインムーブしてるのは大人の事情でイリヤルートがHeaven’s Feelルートに統合されたからって話もあって、桜のヒロイン感が若干割を食っちゃってる感はあるんですが、ずっと妹キャラぶっていたイリヤが最後の最後に士郎に対して「お姉ちゃん」としての行動をとるっていうのが本当に尊いんですよね。

冒頭でイリヤが凛に「お姉ちゃんってどんな気持ち?」みたいなこと聞くのもたぶんゲームにはなかったオリジナルシーンだと思うんですが(違ったらごめん)、これもぐっと来ましたね。凛はガン無視してたけど

イリヤの魅力ってのは妹キャラじゃなくて姉キャラだってことなんですよ。

プリヤのイリヤも好きだけどあれは全くの別人。それを分かってない人が多いんだ(怒)

 

ちなみに、この辺で士郎の言葉が上手く出ていないのは映画中では説明ありませんでしたがアーチャー腕の影響で脳がぶっ壊れてるからです。もうちょっと前のライダーとの会話あたりから兆候は出てましたが。

 

この後肉体が消滅した士郎がなんで最後生きていたのか初見だとよく分かんなかった人もいると思うんですがこれは、

イリヤがアンリ・マユを抑えるのと同時に大聖杯の本来の目的である第三魔法『ヘヴンズ・フィール』を発動させて士郎の魂を物質化し、

それを後でライダーが回収して、

凛と桜が「ある凄腕の人形師」に士郎の身体を作ってもらって、

それに魂を入れ込んで復活できたって流れです。

その人形師は劇中でもちらっとだけ映ってましたが、知らない人は空の境界を見ましょう。

劇場版 空の境界

ゲームだと最後の一枚絵は士郎、桜、凛、ライダーの後ろ姿が並んでるものだったと思うんですが、映画だと藤姉や一成、美綴や同級生の三人組なんかも揃っていて賑やかになっていましたね。これもまさに大団円って感じで良かったです。

ちなみにこれはトゥルーエンドの話で、フラグ立てミスってノーマルエンドになると士郎は帰って来ず桜はお婆ちゃんになってもずっと士郎を待ち続けているという終わり方になります。これはこれで好きって人もいますが個人的には映画がトゥルーエンドの方でほっとしました。

 

花見の場面でも、その前の弓道場でも美綴弟がいたってのもやっぱりhollow ataraxia への振りなんじゃないかな~って邪推してしまいます。

 

全体的に大大満足の映画だったんですが、強いて問題点を挙げるなら士郎がルール・ブレイカーを投影して桜を呪縛から解き放つシーンで、ドレスブレイクしてしまうのがシュールでちょっとふふっってなっちゃうところですね。いや原作通りだし何も間違った描写じゃないんですが。

後から謎の服着せる配慮見せるくらいなら元々着てた服に戻るとかで良かったんじゃないですかね。いたそれも何かちがうか。ちょっと正解が分かんないです

あと、言峰が蔵硯を倒したシーンはもっとねっとりやって欲しかったってのもありますね。十分カッコよかったし全く文句とかじゃないんですけど、蔵硯はHF作中で最もヘイトを買っているキャラだし、ゲームだともっと物理的に頭を磨り潰しながら詠唱してたはずなのでちょっとそこだけは物足りなかったかなという印象です。

まあどっちも個人的な好みの問題なんですけどね。

 

映画の感想書くとこんな感じでいつもとりとめのない内容になっちゃうんですが、このまま語り続けてもきりがないのでこの辺にしときます。

 

とにかく言いたかったことは、最初に書いたように

・めちゃくちゃ良かった

・ゲームやってない人はやって

ってことです。

 

以上!

 

 

よかったらこちらも見てってください→

宝石剣ゼルレッチとは何か『Fate/stay night [Heaven’s Feel]第三章 spring song』【解説】

エンディング曲『春はゆく』がエピローグとして完璧すぎる【Fate/stay night [Heaven’s Feel]第三章 spring song】

映画『Fate/stay night Heaven’s Feel』を見終えた人にすすめたい作品①

映画『Fate/stay night Heaven’s Feel』を見終えた人にすすめたい作品②

映画『Fate/stay night Heaven’s Feel』を見終えた人にすすめたい作品⑤

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました