いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】墓地BFというデッキを知っているか?

2020/06/11
 

遊戯王デュエルリンクスで、6/1から6/15の期間でKCグランドトーナメントが開催されています。

一応新イベントですが形式としてはKCカップとほぼ同じですね。というかあんまり違いが分かっていません。

とりあえずジェムがたくさんもらえるので決闘しまくりましょう。

それで今回、私が予選で使うデッキが【墓地BF】というデッキです。

 

デュエルリンクスでBF(ブラックフェザー)を知った方には信じられない話かもしれませんが、10年ほど前のOCG界隈ではBFデッキと言えばお馴染みの『黒い旋風』を軸とした【旋風BF】と双璧をなす『BF-大旆のヴァーユ』を軸とした【墓地BF】というデッキが存在していました。

 

 

今でこそ不知火とかいう頭おかしいカードが存在していますが、当時は墓地からシンクロというのは唯一無二の個性でした。

特殊召喚したSモンスターは効果が無効になってしまいますが、そこそこの高打点(当時基準)の闇属性・鳥獣族モンスターを簡単に出せるということは、戦闘に強いのもそうですが『魔のデッキ破壊ウイルス』や『ゴッドバード・アタック』といった強力なカードのコストにできるのも非常に優秀だったわけです。

この2枚のカードはデュエルリンクスには実装されていませんが、代わりにBFシンクロモンスターを活かせる強力な罠カード『ブラック・バード・クローズ』があります。

 

というわけで【墓地BF】デッキを組みました。

 

『BF-大旆のヴァーユ』と、一緒に除外するBFモンスター(このデッキだと『BF-漆黒のエルフェン』)をまとめて墓地に送る必要があるので、一番手っ取り早いライトロードと組み合わせています。

OCGだと『終末の騎士』とか『ダーク・グレファー』みたいなピンポイントでデッキのモンスターを墓地へ落とせるカードがありましたがデュエルリンクスには来ていません。『ネオス・フュージョン』もリミット2で『A BF-驟雨のライキリ』と相性が悪いので却下になります。

 

ブン回るとこんな感じになります。

細かいデッキの内容は一部変わってたりもしますが。

墓地を使うので『王家の眠る谷-ネクロ・バレー』は天敵なんですがこの時は上手く『サンダー・ブレイク』を引けました。手札に来てしまったヴァーユやエルフェンを落とすために入れてましたがもっと増やしてもいいかもしれません。実は1枚しかないから『因果切断』入れてるのは内緒なんですけど。

決まると一気にBFシンクロモンスターを展開できてかなりの爽快感です。

 

このデッキで一番困るのがエクストラデッキです。他のデッキでもそうですけど枠が本当に足りないんですよね。

何気にライキリとチドリは素材縛りがないので『ライトロード・アサシン ライデン』と『ライトロード・サモナー ルミナス』からシンクロ召喚することもできます。

 

ライキリを正規にシンクロ召喚していれば、その後墓地に言ってもヴァーユの効果で特殊召喚したチドリが破壊されたときに効果で蘇生することが出来ます。

そしてヴァーユの効果もあるので最低でも3枚はBFシンクロモンスターを入れておきたいところです。本当はレベル8の『BF-孤高のシルバー・ウインド』も入れたいくらいです。

そして『炎神-不知火』に対処するために『ライロロード・アーク ミカエル』

 

そして先攻とったときに出したい『フォーチュンレディ・エヴァリー』

これは『PSYフレームロード・Ζ』と迷ってもいるんですが対象に取れないモンスターに対処できるということで今のところエヴァリーにしてます。

そして『ブラック・ローズ・ドラゴン』は説明不要なレベルで必要です。

手札0場0からでも展開できるこのデッキでは特に

 

もうこれで上限の6枚なので『ブラック・バード・クローズ』のために必要な『ブラックフェザー・ドラゴン』を入れる枠がありません。

ミカエル抜いたりエヴァリー抜いたりチドリ減らしたりいろいろ試したんですが、最終的にクロウのスキル『赤き龍の痣:ドラゴン・テイル』を使うというところに落ち着きました。

合理的な理由でクロウでBFを使えるのがグッドです。

『BF-極北のブリザード』がぶっちゃけ邪魔ですが『ブラック・バード・クローズ』のコストや他の諸々の手札コストにもなるので許容範囲です。

クロウは『舞い上がれブラックフェザー!』という専用スキルも持っていますがあまりに微妙なので中身だけ粉砕と交換してほしい。

苦手なデッキはシンクロの宿命で罠ガン伏せしてくるようなデッキですね。

それと、『黒の魔導陣』での除外と『霊滅術士カイクウ』で墓地除外を封じてくるブラマジです。魔法だけでうまく墓地が肥やせれば押し切れることもありますが苦手意識はありますね。

 

そんなことより何よりの最大の弱点は、こっちはマイナーデッキ使ってるつもりなのに端から見たら「ライロ+BFってガチガチの環境デッキやん」って思われそうなモヤモヤ感ですね。

たぶんシムーン、旋風、ゲイル、ゼピュロスを1枚も入れていないBFデッキをガチで使ってるのなんて今地球上に私一人しかいないんじゃないかって気がしますが大きな声で環境外デッキで頑張っていますとは言えない困りものです。

なので早く『おろかな埋葬』『終末の騎士』『ダーク・グレファー』『魔のデッキ破壊ウイルス』『ゴッドバード・アタック』ください(贅沢)

 

とりあえずこのデッキで(最初はシロッコ、アームズウィング使ってた)ランク12から22まで上がってきたのでこのままMAX目指したいと思います。

普通のシムーン軸のBFよりははるかに組みやすいと思うのでよかったら参考にしてください。

 

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.