いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】シークレット・オブ・ジ・エンシェント収録カード使用デッキ紹介①【暗黒界シンクロ】

2018/12/18
 



デュエルリンクスに12/10、新ミニBOX『シークレット・オブ・ジ・エンシェント』が追加されました。

強力なカードが数多く追加されましたが、僕の最注目は『ジャンク・シンクロン』です。

このカードは僕がOCGに一番のめり込んでいた時期に愛用していたカードで、とても思い入れのあるカードです。なのでついつい課金して3枚揃えてしまいました笑
このBOX収録のカードを使ったデッキをいくつか作ったので、紹介したいと思います。
最初に紹介するのはジャンク・シンクロンを使用した【暗黒界シンクロ】です。



このデッキの主役になるのはジャンク・シンクロンともう1枚、今回追加されたシンクロモンスター『幻層の守護者アルマデス』です。

採用率の高い『分断の壁』や『波紋のバリア―ウェーブ・フォース』『万能地雷グレイモヤ』などの強力な攻撃反応型罠を完封できる他、『スノーマン・イーター』などのモンスター効果も封じることができます。つまりめちゃめちゃ強いです。
ジャンク・シンクロンとアルマデスを使ったデッキではアキのスキル『墓地より芽吹くもの』を使うものが話題で、実際使ってみた感じ非常に強力ですが、やはりジャンク・シンクロンは遊星で使いたいということでこのデッキを組んでみました。スキルはとりあえず腐ることのない『絆の力』を使っていますが、ぶっちゃけなんでもいいです。
このデッキの勝ち筋はアルマデスでひたすら殴っていくというシンプルなものですが、アルマデスをシンクロ召喚するためには
①墓地にレベル2モンスターが存在する
②手札にジャンク・シンクロンが存在する
という2つの条件があります。

さらにアルマデスには
①『狡猾な落とし穴』や『バージェストマ・カナディア』『エネミ―・コントローラー』などのフリーチェーンや召喚時に発動する『底なし落とし穴』等には無力
②攻撃力が若干低い

という弱点があります。

これを解決するために僕が導き出した答えが暗黒界でした。
まず『暗黒界の取引』は墓地を肥やしつつドローできるので、墓地にレベル2モンスターを送りつつジャンク・シンクロンを手札に加えなくてはならないこのデッキとは相性抜群です。

さらに、『暗黒界の門』はドローを加速させつつ悪魔ぞくであるアルマデスの攻撃力を上げることができます。

このコストで『暗黒界の策士グリン』や『暗黒界の刺客カーキ』を墓地へ送れば、相手の伏せカードやアルマデスで処理できない高打点モンスターを破壊することができます。

実際にランク戦のプラチナ帯で使ってみたのがこんな感じになります。

いかがだったでしょうか。ジャンク・シンクロンは今回紹介した暗黒界以外にも、様々なレベル2以下のモンスターと組み合わせることができます。シンクロ召喚の選択肢も今後一層増えていくので、集めておいて損はないと思います。

是非手に入れていろんなデッキを組んでみてください!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2018 All Rights Reserved.