いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】狩場ドラグニティという可能性

 

2020/1/12ストラクチャーデッキEX『ドラグニティ・オーバードライブ』が登場しました。

ドラグニティは鳥獣族とドラゴン族で連続シンクロ召喚を決めていく派手なテーマで、使っていてとても楽しいデッキです。

今回はこのドラグニティを使用したデッキを紹介したいと思います!

ドラグニティを主軸にしたデッキにもいくつか型がありますが、共通しているのは

・『ドラグニティナイト―アスカロン』をシンクロ召喚する

ことが一つのゴールになっているということでしょう。

以前までのドラグニティは『ドラグニティナイト―ヴァジュランダ』での1ターンキルしかない一発屋のようなイメージでしたが、今回加わった新カードで一気にやれることが増えました。

中でもレベル10のシンクロモンスター『ドラグニティナイト―アスカロン』は非常に強力です。

3300という高打点、ターン1制限なしで一気に相手モンスターを除外できる除去能力、破壊されても後続のシンクロモンスターを残せる継戦能力と、シンクロ召喚に成功すればデュエルのモメンタムを一気に持ってこれます。

肝心のこのカードの出し方ですが、新規の下級モンスター『ドラグニティ―セナート』が活躍します。

手札の「ドラグニティ」カードを1枚捨てることでデッキの「ドラグニティ」チューナーを装備することができます。事前に墓地肥やしなどする必要がなく、コストさえあれば引いてすぐ使えるのでかなり便利です。

このカードの効果で『ドラグニティ―ファランクス』を装備すれば、レベル6のシンクロ召喚につなげることができます。

おそらく現環境でよく使われるのはここでスキル『レベル上昇』を使ってセナートのレベルを8に上げ、一気にアスカロンをシンクロ召喚する方法でしょう。

手札にレベル4「ドラグニティ」モンスターがいれば、スキルのために見せてそのままセナートのコストにできるので無駄がないです。

セナート以外の下級モンスターでは『ドラグニティ―ドゥクス』も同じようにシンクロへ繋がる優秀な効果を持っていますが、こちらは事前にファランクスを墓地に落としておく必要があります。

ただ、レベル4「ドラグニティ」モンスターさえいれば、『ドラグニティの神槍』からファランクスを持ってきてシンクロにつなげていくことはできます。

『レベル上昇』を使う以外には、新規上級ドラグニティモンスター『ドラグニティアームズ―レヴァテイン』からもアスカロンへつなげられます。

セナートのコストでレヴァテインを墓地へ送り、ファランクスを装備したセナートを除外し墓地のレヴァテインを特殊召喚。

レヴァテインの効果でファランクスを装備、特殊召喚しアスカロンをシンクロ召喚です。

あとはちょっと無理やり感もありますが『ドラグニティの神槍』を使えば『ドラグニティナイト―ヴァジュランダ』経由でもアスカロンへつなげられます。

セナートもしくはドゥクスとファランクスでヴァジュランダをシンクロ召喚。

ヴァジュランダ効果で墓地のファランクスを装備。

さらにヴァジュランダに神槍を装備しデッキからもう一枚ファランクスを装備。

2枚のファランクスを特殊召喚し、ヴァジュランダをファランクスでレベル8をシンクロ召喚。

そのシンクロモンスターともう一枚のファランクスでアスカロンをシンクロ召喚です。

もし『ドラグニティナイト―バルーチャ』に素材縛りがなくてヴァジュランダとファランクスからシンクロ召喚できれば神槍なしでアスカロンにつながるんですが、惜しいところですね。

レヴァテインからアスカロンを出した場合は、もし破壊されてしまっても後続でヴァジュランダを特殊召喚し、返しのターンでヴァジュランダを除外してレヴァテインを出せばもう一度ファランクスとのシンクロでアスカロンを出せます。

このようにアスカロンを出す方法はいくつかあるんですが、ドラグニティデッキの弱点は非常に多いです。

次ページへ続く

固定ページ: 1 2 3

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.