いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】新メインBOXレボリューション・ビギニング収録カード『ジャンク・デストロイヤー』使用デッキ紹介

 

新年あけましておめでとうございます。

2019年の到来とともにリンクスにも新たなメインBOX『レボリューション・ビギニング』が追加されました。

今回の注目は主に魔轟神カラクリの本格的な実装やコアキメイルの強化ですね。他にもどのデッキでも使える収縮や、ミラクル・フージョンなど特定のテーマで必須級になるカードも収録されています。

ジャンク・シンクロン好きの僕としてはジャンク・デストロイヤーも見逃せないカードです。汎用レベル4シンクロの魔界闘士バルムンクもシンクロ好きなら取っておくべきカードですね。

というわけで、今回も新規追加カードを使用したデッキを紹介していきたいと思います。

まず一発目に紹介するのはジャンク・デストロイヤーを使用した【恐竜シンクロ】デッキ。

シンクロ召喚の素材にしたモンスターの数に応じて1~2枚相手のカードを破壊できる強力な効果を持っています。

以前ジャイアント・レックスのデッキ紹介で使ったギミックに、ジャンク・シンクロンを組み合わせたデッキです。

ジャンク・デストロイヤーをシンクロ召喚する基本的な手順は

ジャンク・シンクロンでクリボールを釣り上げ、

①ギガンテスを特殊召喚

②封印の黄金櫃でジャイアント・レックスを除外、特殊召喚

の2パターンで合計レベル8を場に揃えます。

スキルはアキの『墓地より芽吹くもの』でデュエル開始時からダーク・ヴァーチャーを墓地におけるので、初期手札によってジャンク・シンクロンでアルマデスを特殊召喚したりギガンテスの特殊召喚コストに利用したりと臨機応変に動けます。

更に、特殊召喚手段が豊富でリリース要員が用意しやすいので、人造人間サイコ・ショッカーを採用しています。

今の環境では強力な罠カードが多数使われているので大活躍できます。

自身の罠も無効にされてしまいますが手札から使える防御札のクリボールが、シンクロ素材にも使えて非常に相性がいいです。

レベル2モンスターを採用していないのでこれまでだったらダーク・ヴァーチャーを除外した後ジャンク・シンクロンが使いづらくなってしまう弱点もありましたが、今回追加された魔界闘士バルムンクがレベル4シンクロモンスターなので、クリボールを釣り上げることでシンクロ召喚できます。

実際にデュエルしてみたのがこんな感じになります。

「狡猾な落とし穴」や「バージェストマ・カナディア」などでシンクロ召喚を妨害されることも多いですが、召喚権をなくしてもギガンテスやジャイアント・レックス(+封印の黄金櫃)でリカバリーが容易なのもこのデッキの強みです。

シンクロ召喚に失敗しても、

ギガンテスで墓地のジャイアント・レックスを除外、特殊召喚

→ジャイアント・レックスをコストにエネミー・コントローラーで相手のモンスターを奪う

→ダイレクトアタックでワンショット・キル

みたいな流れになることも多いです。

他にもシンクロ・キャンセルを使用してジャンク・デストロイヤーの効果を繰り返し使用したり、シンクロ・マテリアルで相手の場のモンスターをシンクロ素材にすることで3枚破壊を狙うのも面白そうです。

現状でも強力ですが、今後クイック・シンクロンが実装されたらより一層使いやすくなるので、1枚確保しておいて損はないカードだと思います。

是非使ってみてください!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2019 All Rights Reserved.