いろいろ不毛に語るブログ

【鬼滅の刃】第199話『千年の夜明け』ついに決着か?来週の展開予想も【感想】

 

週刊少年ジャンプ2020年17号収録、【鬼滅の刃】第199話『千年の夜明け』の感想を書いていきます!

なんかもう勝ったようなサブタイトルですが果たしてどうなるのか…

もちろんネタバレになるので、ご注意ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は追いつめられた無惨様がミーティのようななれはてと化し、ついに夜明けが…!というところで終わっていましたね。

今回の冒頭では、無惨様の更なる悪あがきでなんと炭治郎の左腕が吹っ飛ばされてしまいます。いくら最終決戦だからって、ほんとに容赦ないですね。

片手になっても手を離さない炭治郎の元へ駆けつけたのは、右腕を失った富岡さんでした。ここにきての兄弟弟子の共闘はやっぱ熱いですね。それぞれが失った腕を補いあっている形なのもエモいです。痛々しすぎますが。

 

ついに太陽の光が無惨様を焼き始めますが、なんと肉の鎧で体を膨らませて光から逃れようとします。その姿はさながら巨大な赤ん坊のよう。

炭治郎もこの肉の塊に取り込まれてしまいます。

再び逃走を開始した無惨様に、モブ隊士も隠れも一丸となって「構わず立ち向かっていきます。

上からどでかい本棚や瓦礫を落としたり、車で体当たりしたりなりふり構っていません。岩柱・悲鳴嶼さんも追いついて鎖で無惨様を拘束し、本当の本当にガチの総力戦といった感じです。

それでも地面に潜って逃れようとする無惨様ですが(ほんとにどんだけしぶといんだ)、体内から取り込んだ炭治郎の刀が現れ、ついに力尽きたのか身体が崩壊し始めて今回は終了です。

 

もうさすがに決着のような気もするんですが、まだ残っていることがあります。

それは、禰豆子の登場です。

いや、青い彼岸花とか他にもいろいろあるんですがそれはそれとして。

柱たちが復活して駆けつけてきた以上、人間に戻った上でここまでやってきた禰豆子が無惨様との戦いに絡まないまま決着するなんてことはあり得ないと思うんですよね。

私の予想としては、今回でついに逃げ場のなくなった無惨様は炭治郎の身体の中に入り込み、この場をやり過ごそうとするんじゃないかと思います。

スージーQにとりついたエシディシのように

そこに現れた禰豆子が、兄妹の絆パワーで無惨様にとどめを刺すと

この予想はけっこう自信あるんですがどうでしょう。

今回最後、炭治郎が右手に握った刀で無惨様に身体を突き破ったように書かれてますが、右手しか描かれてなくて身体がどうなってるか分からないんですよね。これは何か意味があるんじゃないかと思っています。

体内に入った鬼を駆除するなら禰豆子の血鬼術、爆血は最適な技ですしね。

なんか今まで、人間に戻った禰豆子には戦闘能力がないって思いこんでいましたが、よく考えたら人間に戻った鬼が今までいない以上、人間に戻ったら血鬼術を完全に使えなくなるのかどうかなんて分かんないじゃないですか。

まあ、血鬼術を使うにしろ使わないにしろ、まだ無惨様は悪あがきを続け、最後の最後の決着には禰豆子も深く関わってくるというのは間違いないと思っています。

鬼としてやりたい放題を尽くし、何の罪悪感も抱かずひたすら生き汚い無惨様と、鬼になっても心は人間であろうとし続けた禰豆子の対比を考えても、この物語の決着にはそれがふさわしい気がします。

来週は記念すべき第200回でもあるので、ぱーっと盛大に無惨様が爆散・消滅してくれるといいですね!

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.