いろいろ不毛に語るブログ

【デッキ紹介】ブリキンギョの追加で融合軸古代の機械も強化!圧倒的脳筋力【遊戯王デュエルリンクス】

2020/11/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

先日発売された新メインBOX『シャーク・ファング』でURカードとして『ブリキンギョ』が追加されました。

 

 

特に縛りもなく手札のレベル4モンスターを特殊召喚できるので、ゴブリンドバーグと並んで様々なデッキでエクシーズ素材として活躍できるモンスターです。

 

OCGではガジェットとの組み合わせが特にポピュラーでしたが、今回は融合軸の古代の機械(アンティーク・ギア)デッキと組み合わせてみました。


基本的なギミックは、

ブリキンギョから古代の機械翼竜(アンティーク・ギア・ワイバーン)を特殊召喚して古代の機械巨人(アンティーク・ギア・ゴーレム)をサーチ

 

 

 

2体で『ギアギガントX』をエクシーズ召喚して『古代の機械箱(アンティーク・ギア・ボックス)』をサーチさらに『古代の機械素体(アンティーク・ギア・フレーム)』をサーチ

 

 

 

 

これで手札に融合素材が揃うのでスキル『融合の使い手』で『融合』を手札に加えて『古代の機械究極巨人(アンティーク・ギア・アルティメット・ゴーレム)』を融合召喚

 

 

 

 

これで総攻撃力6700(貫通持ち)になるので充分ワンキル圏内です。

 

デッキレシピはこんな感じ

 

 


なんでブリキンギョが1枚だけかというと、恥ずかしながら今課金が厳しくて単に3枚揃えられていないからなんですが、それでもかなり安定して『古代の機械究極巨人』を融合召喚できます。

 

基本的に後攻一発屋のデッキなので、先攻取ってしまったらギアギガントXからカイトロイドをサーチしてなんとか生き残ります。

後攻取れたら手札によってはギアギガントXではなく恐牙狼ダイヤウルフやブラックコーン号などを出して相手の邪魔なカードを除去するのもアリです。

その場合はサイバネティック・フュージョン・サポートを使えばスキルの発動条件を満たしつつ墓地のモンスターを融合素材にできます。

 

 

ちなみにスキル『融合の使い手』にはターン1制限がないのでスキルを使って手札融合した後、サイバネティック・フュージョン・サポートを発動して更に1000ライフ以上を減らしもう一度スキルを使い、墓地の素材を使って2体目の究極巨人を出すなんてこともできます。

 

使ってて苦手に感じたのは水晶機巧(クリストロン)ですね。

シトリィ→アメトリクスで1ターン凌がれてからグリオンガンド出されると、究極巨人の蘇生効果も使えずやられてしまいます。

もっと因果切断とかの罠積むとか、改善の余地はまだまだありそうです。

 

 

さらにOCGでは、まだリンクス未実装の「古代の機械」融合モンスターが3体もいるので今後の伸び代も十分です。

 

古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)

 


古代の機械超巨人(アンティーク・ギア・メガトン・ゴーレム)

 

 


古代の機械魔神(アンティーク・ギア・デビル)

 

 

デビルはともかくあとの2体はリンクスに来るには強すぎるような気もしますが、冷静に考えて既に来てはいけなかった強すぎるモンスターもけっこう来てるんですよね。プルガトリオとか

古代の機械デッキはしばらく『古代の機械熱核竜(アンティーク・ギア・リアクター・ドラゴン)』の方を主軸にした融合を使わないタイプが主流になっている感があるのでここらへんで融合にもテコ入れしてほしいところです。

あとクロノス先生にも融合の使い手ください

 

 

そんな感じです。良かったら使ってみてください!

 

以上!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.