いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】新ミニBOX『フレイム・オブ・ザ・ハート』登場!無課金・微課金勢は引くべき?

 

本日5/29に遊戯王デュエルリンクスの新ミニBOX『フレイム・オブ・ザ・ハート』が登場します。0:00に来るかと思ってたら来なかったので、おそらく朝9:00あたりでしょうね。

フレイム・オブ・ザ・ハート 収録カードリスト

というわけで、あくまで個人的意見ですがこのミニBOX引くべきかどうか検証していきたいと思います。

 

まず、結論から言いますと魔妖を組みたい人以外は引かなくていいと思います。ぶっちゃけ。

 

今回のミニBOXでは大きく、「魔妖」と「剛鬼」という2つの新テーマと、「不知火」の追加が来ています。

あとはアンデット族サポートがいくつかという感じ。エヴォルについてはもうなんかアレとしか言えないです。

 

ギリ汎用カードと言えそうなところで言うと、

機巧嘴―八咫御先

イラストがめちゃくちゃカッコいい。カード1枚をコストに特殊召喚できる星5という点ではトリッキーに似ていますが、場のモンスターをリリースするので『クリッター』『黒き森のウィッチ』や「剛鬼」モンスターのサーチ効果を使えるのがメリットですね。あとライフ回復効果も持っています。特殊召喚しやすい星5光属性機械族ということで、今よりもエクシーズが来たときに輝きそうな気はします。

暗黒騎士ガイアロード

映画でめちゃくちゃカッコよかった。なんでこいつ遊戯のレベルアップ報酬にしてくれなかったんですかね。このBOXの他のカードと全く関係ないし。

映画では演出に騙されますが実際に活躍したのはこのモンスターというより3種の罠カードの方です。ちなみに最初は上の人型モンスターの姿で、効果を発動するとドラゴンが出現して乗ります。

暗黒騎士ガイアの名前を持ってはいますがこのカード自体には特にそれ関係の効果はなく、属性も地なのでうーんって感じですね。

一応簡単に特殊召喚できる戦士族なので融合呪印生物―闇とあわせて『真紅眼の黒刃竜』や『超魔導騎士―ブラック・キャバルリー』になることはできます。

あとはレベル7なので、これもエクシーズが来たら今より輝きそうな気がします。ランク7にはビッグ・アイとか強力なモンスターが多いので。

 

閃刀機-イーグル・ブースター

このカードは一体だれが何を考えて入れたん?

一応説明すると、「メインモンスターゾーン」というのは、リンクスだと普通にモンスターゾーンのことを指します。OCGでは、EXデッキから特殊召喚するモンスターを出す「エクストラモンスターゾーン」というのが別にあるので、そのモンスターに使うことができましたがリンクスだとマジで何のために存在するのか分かりません。

一応、相手のモンスターに使って『マスクチェンジ』や『召喚魔術』を不発にさせるみたいな使い方もできますが、劣化『禁じられた聖槍』でしかないし他にもっと使いやすいカードはいくらでもあります。

上の2枚がエクシーズ来たら輝きそうって書きましたが、これも実はエクストラモンスターゾーンが追加される前振りだったりするんですかね?

個人的には、モンスターゾーン3枠は狭いと思っていたので現行のOCGみたいにリンクモンスターやEXデッキのペンデュラムモンスターじゃなければエクストラモンスターゾーンでもメインモンスターゾーンにも出せるってルールであれば歓迎したいですね。まあないと思いますが。

 

汎用カード(?)と言えるのはこれくらいかなと思います。同じミニBOXのカードでも『弩弓部隊』『サンダー・ブレイク』みたいなカードとは使いやすさが全然違いますね。

 

このミニBOXのメインである「魔妖(まやかし)」は、墓地からモンスターを繰り返し特殊召喚し、連続でシンクロ召喚してどんどんレベルを上げていくような動きをします。進化していくようないめーじですかね。

そして、シンクロモンスターが破壊されると墓地から1個進化前のシンクロモンスターが出てきます。

 

めちゃくちゃ楽しそうではあるんですが、EXデッキ枠不足といういつもの問題はありそうです。

ちなみに、『麗しの魔妖-妖狐』の効果を見ればわかるように、本来であればレベル11『骸の魔妖―餓者髑髏』が究極体のはずなんですが今回は収録されていません。

おそらくリンクモンスターにかかわる効果を持っているせいでしょうが、エラッタして②効果まるごと消して実装してよかったんじゃないかという気はしますね。エメラルド・タートルみたいに。

将来リンク召喚を実装する予定あるなら、今後OCGの効果準拠にエラッタする可能性ありますとか事前アナウンスすればみんな納得できるでしょうし。じゃないと妖狐の効果がなんか浮いちゃって気持ち悪くないですか?

まあ餓者髑髏がいようがいまいが、EXデッキ枠もそうですがこういうリンクス特有の事情であからさまにOCGより弱体化されてるテーマってあまり環境に上がってくるイメージないんですよね。

ただ、『魔妖回転』という強力なサーチカードがあり、

 

このミニBOXだけである程度完成したデッキを作れそうなので始めたばかりの方とかはこのミニBOX回ってデッキ組むのもありかもしれません。まあ不知火とどっちが強いかは分かりませんが。あっちはサンダー・ブレイクとか汎用カードも強いのあるし。

あと連続シンクロは単純に使ってて楽しいと思う。

私の魔妖のイメージはそんな感じですね。

 

剛鬼は、横展開が得意な戦士族のテーマです。

場から墓地に送られたときに他の「剛鬼」をサーチしてくる共通効果を持っているので手札を減らさず展開できます。

そして下級を並べて結局何するのかというと、本来はリンク召喚するテーマなんですよね。この前のサイバース族とか今回のエヴォルもそうですけど、リンクやエクシーズありきのモンスターをなんで今出すんですかね。すごいもやもやします。

間違いなく強いし将来性はあるんだけど、現状だと何しに来たのか分からない。

それが私の剛鬼へのイメージですね。

 

あと不知火についてですが、現状でもかなり完成されているので必ずしも今回の新規カード使う必要はないんじゃないかなって気はします。

まあ強いことは強いんで不知火ユーザーは引いて損はないと思いますが、あんまりジェムの余裕ない人はちょっと様子見してからきめてもいいかもしれません。

今後さらに規制が入ったら今回の新規カードたちの有用性が増すということもあるかもしれないし。

 

 

というわけで、この新ミニBOX『フレイム・オブ・ハート』の評価は

「引かなくていいけど今後引きたくなる可能性はあるので、その時引けばいい」

ってところになります。

 

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.