いろいろ不毛に語るブログ

【遊戯王デュエルリンクス】ついにDSOD版武藤遊戯実装!

 

遊戯王デュエルリンクスで現在レイドデュエルイベント『次元領域決闘!方界超獣 バスター・ガンダイル』にて、5/25から報酬として新キャラクター『武藤遊戯(DSOD)』が登場しました!

 

入手条件は2,300,000pt以上貯まった状態でバスター・ガンダイルを討伐することなので、そんなに難しくありません。ながら作業で適当にオートで救援してればすぐに達成できると思います。

 

ちなみに私はこのイベントこんなデッキで周回しています。

今回のイベントでは、与えたダメージを競い合うダメージランクもあるので、最大ダメージを狙ってみるのも面白いです。

次元領域デュエルEXの特殊スキルを駆使すれば無限ループもできるので、こんなこともできます。

藍神くんも完全にサンドバックと化しています。

 

で本題の遊戯ですが、まずレベルアップ報酬カードはこんな感じです。

Lv.3、11、18

奇跡の発掘

 

Lv.7

螺旋槍殺

 

Lv.10、16、21

岩石の番兵

 

Lv.11、30

タックルセイダー

 

Lv.23、35

電磁石の戦士β

 

Lv.25、33

冥王竜ヴァンダルギオン

 

なんかうーんって感じですね。正直。

いやタックルセイダーもヴァンダルギオンも番兵も強いし電磁石の戦士βが3枚になったのなんて磁石デッキ超強化なんですけど、期待してたロマンが一切ないですね。

海馬のレベル30報酬が『ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン』だったことを考えると真新しさがなさすぎてがっかりです。

海馬はレベルアップ報酬の6種中6種全てが新規カードだったのに今回の遊戯は6種中新規は『奇跡の発掘』と『岩石の番兵』の2種のみ。

いったいどこでこんな差がついたのか…

 

一方、スキルの方は個性的な面白いスキルが来ています。

海馬の『オルタナティブ(白龍)』『完全なる敗北という鞭』『進化した最強ドラゴン』あたりと比べると、実用性で言ってもロマン性で言っても正直見劣りしますが。

とりあえず専用スキルのみ挙げると

闇の地平より現れるもの

 

魔力カウンターブースト

 

光の護封霊剣

 

弟子の招集

 

土の巨人

 

戦士の献身

 

螺旋槍殺

 

契約の扉

 

クリボー変化

 

巨兵→番兵

 

まず一番言いたいのが、タッグ専用スキルって誰が喜ぶの?

このスキルが来て喜んでる人は地球上に一人もいないんじゃいないかと思います。

他のスキルについても、まあ面白そうなのもいくつかありますが他のスキルを差し置いて使うか?って気がしちゃいます。『巨兵→番兵』とか「いや最初から番兵使えば」って感じですし。

『メタモル・クレイ・フォートレス』とか『魔導契約の扉』なんかは1枚くらい普通にレベルアップ報酬でくれてもよかったじゃんと思ってしまいます。

 

あとは遊戯の声もDMワールドの流用で新規のものがないらしいというのもわりと大きいがっかりポイントですね。まあ今後のアップデートで追加される可能性も0ではないので期待できるかは分かんないですが諦めることはないでしょう。

 

全体的に否定的な感じで書いてきちゃいましたが、見た目はかっこいいのでぜひともゲットはしときましょう。

 

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.