いろいろ不毛に語るブログ

【鬼滅の刃】第204話『鬼のいない世界』【感想】

 

週刊少年ジャンプ2020年23号収録、【鬼滅の刃】第204話『鬼のいない世界』の感想を書いていきます!

クライマックス巻頭カラーということでしたが、どんな結末を迎えるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

戦いが終わって3か月後、炭治郎たちはもはやお馴染みとなった蝶屋敷で静養していました。

鬼の力で一時的に復活していた炭治郎の右目と左手は、形としては残っているものの機能しなくなってしまったとのこと。

生き残った柱は水柱・富岡義勇と風柱・不死川実弥の2人だけでしたね。

無惨を倒したことによって何百年にも渡る鬼殺隊の目的は果たされたということで、新お館様より解散が宣言されました。

大団円という感じですが炭治郎、義勇、実弥の3人は痣を発現していたのであと数年の命なんですよね。そんな悲壮感みたいなものは一切なく終始明るい雰囲気でしたが。

炭治郎と禰豆子はようやく家に帰り、なんと懐かしの三郎爺さんも登場しました。

1話で登場したときは、「鬼のことを知っていたのは怪しい、黒幕なんじゃないか」とか一部の読者から謂れのない疑いをかけられていたかわいそうなお爺ちゃんでしたが、最後は幸せそうでよかったですね。

そして、炭治郎と禰豆子の帰郷には善逸と伊之助もついて来ていました。

4人になった家族でわいわい楽しくやっていますが、善逸はガチめに禰豆子を狙っているっぽいので気まずい感じになっちゃわないか心配です。

もし善逸と禰豆子がくっついて、炭治郎が痣のせいで早死にしたらその後の伊之助のいづらさハンパなさそうですね。まあ伊之助だったらそれ以前に独り立ちしてそうな気もしますが。

その辺のあれこれはどうやら描かれることはなさそうで、最後のコマではまさかの「時は流れ、時代は現代へ」

 

次号最高潮Cカラー大増24P!!とのことで最終回とは書かれていませんが、ちょうど話数的には次回で23巻までの収録話数とぴったり合うそうです。

これで次回、

平和になった現代で生きる各キャラクターの子孫が描かれて終わるのか、

現代になっても未だに蔓延る鬼と戦う新章が開幕するのか

どちらかになると思いますが、どっちとも予想が難しいですね。

個人的にはここで終わっちゃった方がすっきりしてと思うし、ぶっちゃけ現代編が読みたい!とは思いませんが社会現象と言える大ヒット作ですからね。

巻数ちょうどと言っても、それできれいに24巻から新章スタートっていう可能性も十分ありますし。

無惨は死んでそれに連なる鬼も消滅したってことですが、何らかの理由で生き残りがいたとか、珠世様みたに無惨の縛りから逃れた鬼がいたとか、他にも鬼になる薬を開発しちゃった人がいたとか海外にも鬼がいたとか鬼とは関係なく別の妖怪的なやつが現れたとかいくらでも続けることはできそうですからね。

 

コロナウィルスの影響なんかで、今後ジャンプの掲載作品の休載が増えますみたいなアナウンスがありましたが、

「少年ジャンプ」休載増へ 制作現場のコロナ対策で 時事ドットコムニュース

鬼滅の刃は来週掲載されるようですので焦らされることがないのは助かりますね。

 

 

以上!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.