いろいろ不毛に語るブログ

【金曜ロードショー】『聲の形』ってどんな映画

 

本日7/31から日テレ金曜ロードショーで、5週連続アニメ映画が放送されますね。

1発目は別冊少年マガジンで連載されていた大今良時先生の『聲の形』の映画化作品です。

 

ガキ大将だった主人公・将也とその仲間たちが、耳の不自由な転校生・硝子との出会いをきっかけに関係を変化させていく青春的なお話です。

いじめを題材にした作品でもあり、胸が痛くなるようなけっこう生々しい描写もあります。

原作漫画と比較して~の描写が削られてた!みたいな否定的意見を見かけることもあるんですが、漫画だと相当胸糞悪い思いをする場面もあるので、個人的には多少マイルドになっていたおかげで映画としては見やすくなってたと思いますね。

とは言ってもやっぱり辛かったり納得いかないような展開もあります。でもそこが逆にリアルなんですよね。

 

この作品ではいじめに対していろんな角度から関わってくる人たちがいますが、誰に感情移入するかで作品の印象がガラッと変わります。

私は主人公の将也の当初の行動を肯定するわけじゃないですけど調子に乗ってやり過ぎちゃうってのは、分かる部分あるんですよね。後で大きなしっぺ返しを受けるとこまで含めて。

一方で、やってきたことには大差ないのに何の報いも受けない人もいることに納得できなかったりもします。

でもよく考えてみたら、現実もそんなもんなんですよね。

たぶん、見てて1人2人くらいは「自分の周りにもこんなやついるな~」みたいに思っちゃうキャラがいるはずです。

「こいつクズ過ぎる、全く共感できないわ!クソ!」ってなっちゃうか

「まあそうだよな、そういうこともあるよな」って思えるかで全く評価が変わってくるんだと思います。

前者みたいな意見もネットだとたまに見かけますが私は後者でしたね。

この映画で原作が気になったって人は、全7巻だけなので読んでみることをおすすめします。

ちなみにDMM電子書籍だと8/7まで1巻だけ50%pt還元キャンペーン中です。

実質半額ってことですね。

聲の形 (1)

 

2巻以降は現状キャンペーン対象外みたいなので気を付けましょう。

 

この映画公開当時私も観に行ったんですけど、これ運の悪いことに『君の名は』と時期被ってたんですよね。

それでもじわじわ人気は出ていたと思いますが、そうじゃなかったらもっと話題になってた作品なんじゃないかとも思います。

映画も原作漫画も、観て損はないと言える作品なのでお時間ある方は是非観てみることをおすすめします!

感想とかコメントで書いてもらえるととても嬉しいです!

 

 

そして来週以降の予定はこちら

8/7 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

8/14  『となりのトトロ』

8/21  『コクリコ坂から』

8/28 『借りぐらしのアリエッティ』

 

来週以降も目が離せないラインナップですね!

 

以上!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© okazの不毛ブログ , 2020 All Rights Reserved.