メインクエストCHAPTER35『俺はヒーローになりたい』感想【対魔忍RPG】

ゲーム

遅ればせながら対魔忍RPGのメインクエスト35章『俺はヒーローになりたい』をクリアしました!

明日9/22にはCHAPTER40がリリースされるらしいのでだいぶ今更ですが…

 

今回の主人公は鹿之助。

従姉妹の一流対魔忍・上原燐と一緒に任務に赴き、タイトル通りヒーローを目指して奮闘するお話です。

って言うとなんかほのぼのした感じですが実際はなかなかの死闘でした。

まず前半では強力な忍法を操る対魔忍たちがさらっとかつての強敵ザ・フールを討伐。

 

一方で鹿之助は燐と一緒に寒村での神隠し事件の調査に

 

 

村にいたおじいちゃんは、単なるリサイクルで特に関係ないんだろうけど対魔忍シリーズと同じくlilithから出てるゲームの『陰陽騎士トワコ~蛇神の淫魔調教~』に登場する阿倍龍明と同じ姿をしていますね。

なんかうさんくさいじいさんでしたが、案の定敵の化けた姿でした。

その正体は、神隠し事件の元凶だった隠し神。

神を名乗るだけあって非常に強力で、絶体絶命のピンチでついに鹿之助の隠された力が覚醒。

 

まさかのスタンド使いに目覚めてしまった鹿之助。

たしかにゆきかぜや燐の雷遁は派手でいかにも強そうだけど、電気信号を操るってのもつきつめてみればインチキじみた能力ですよね。これまでも細かいところで役立ってはいましたが、ここにきて一気に開花しました。

でもこうして見ると、意外とここまでわかりやすい能力覚醒描写ってRPGだとほとんどなかったですね。もしかしたらアサギの夜叉と同じような状態なのかもしれません。タケミカヅチは夜叉と違って優しそうだけど。

男らしい鹿之助が見られたので、今度実装される時には回想でも男らしい姿を見せて欲しいものです。

回想といえば、ストーリー中の鹿之助とふうまの思い出もよかったですね。

男同士が互いに認め合う友情っていうのも女の対魔忍にはない魅力のひとつです。

 

蛇足ですが、メインクエストクリアしてもらえた石でギリギリワイト引けました。

どうせ次の五車までには3周年でたくさん石もらえるやろの精神。

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました